水その2

最近、水を買うことが多くなった。

会社でなるべく水を飲もうと思ってペットボトルを買ってくる。

前に書いたように、井戸水を飲みつけている私にとって「会社の水道水」なんて飲めたものじゃない。

そんなに水にこだわっているのかというとそうでもないし、家には浄水器すらない。

井戸水のおかげでおいしい水を堪能できている。

しかも、最近は湧水がブームで山の中などまで車で水を汲みに行く人も少なくない。

私はそうまでして湧き水を飲まなくてもいいと思う。

でも、それも井戸があるからこそ、なんだろうと思う。

だからというわけではないけど、会社ではペットボトルの水を飲む。

おいしいのか、おいしくないのかも正直よくわからない。

ただ、「硬水」と言われている水は高くてまずかった。

だけど、からだにいいらしい。

これもまた考えるところ。

ペットボトルの利点はどのくらい飲んだかがひと目でわかるところだろうと思う。

一日2リットルを目標にしているけれどなかなか達成は難しい。

飲みきった日は達成感がある。

これも健康のためだと思いながら飲んでいるけど。

健康のために一日2リットルの水を飲めというのはテレビで見た。

普段はそんなことに気持ちが向いたりしないんだけど、「水分不足」を自覚していたからなんだか気になって。

水を飲むのは悪いことじゃないし。

だけどね、ひとつ困ったことがある。

トイレが近くなること。それも我慢ができないくらいに。

困るんだけど、飲みだしたら止められなくなった。

困る。でも、いろいろ考えたら飲んだほうがいいよね。